沖縄の伝統文化について [facebookzn.com]

沖縄には沖縄ならでわの伝統品がおおくありますが、その中の伝統品である紅型について記載しています。

沖縄の伝統紅型について

沖縄の伝統文化について [facebookzn.com] 沖縄に多く存在する伝統の品物の中には、紅型と呼ばれる伝統品が存在します。この紅型ですが、文字的にはべにがたと呼ばれがちですが読み方はびんがたと呼びます。この紅型ですが沖縄の文様染のことをいいますがびんがたと呼ばれているだけでした。ですが大将自体の後半頃にかけて感じの紅型という漢字を当てられたと言われています。なぜ文字として紅型という漢字を当てたかというと紅(びん)の部分は文字のように赤い色をさしているわけではないく、いろそのもの自体を総称としているものになります。紅型の型の漢字は型染という事ではなく、模様事態を指示していると考えられています。

沖縄の伝統として沖縄を代表する1つの紅型ですが、染色技法の1つになります。この紅型ですが技法としては一般的な型染めのほかにも筒描きとよばれるほうほうや藍染めなどの技法があります。型染めのよな技法については技法自体が特徴的な方法を利用した技法になります。型の上から色をいれる方法ではなく、防染糊を型にそって置いていくという技法になります。そんな型染めですが、両面染めの型置きを利用した技法はとても高度で難しいものとされていますが、沖縄王朝時代の衣装などは、この難しい技法とされれる両面染めをしていたと言われています。このように、沖縄には独特で今後も伝えて聞きたい素敵な伝統紅型があります。

Copyright (C)2017沖縄の伝統文化について [facebookzn.com].All rights reserved.