沖縄の伝統文化について [facebookzn.com]

沖縄には沖縄ならでわの伝統品がおおくありますが、その中の伝統品である芭蕉布について記載しています。

沖縄の伝統芭蕉布について

沖縄の伝統文化について [facebookzn.com] 沖縄には沖縄独特の伝統品と呼ばれるものが数多く存在します。その中の1つとして芭蕉布と呼ばれる染織があります。この芭蕉布ですが、本土から離れた独特の琉球王国としての長い歴史のなかで、王宮自体が大規模に生産していたものとされています。実際に芭蕉布を作成するために必要なものは家庭菜園としてアタイと呼ばれる植物を使用していまし。芭蕉布は一般家庭でももそれぞれ糸を作成していたものになります。これらの芭蕉布は沖縄ならでわと言われるような色遣いをしているのも特徴といえます。色合いの他には文様もまた独特の個性があると言えます。

他には芭蕉布を作成するための技法もまた独特な作成方法を使用して作られているものとなります。このように芭蕉布は本土では見ることのできない沖縄独特の作りをした染織になります。この芭蕉布を折るためには大体芭蕉の糸を大量に使用して折る事になります。目安としてや大体200本を使用すると言われています。芭蕉を使用して作成しますが、使用するのは外皮をはいで中にある繊維を使用します。その繊維も内側にあるものほど軟らかい繊維となります。そのもっとも内側にある軟らかい繊維を使用してつくられた芭蕉布はもっとも高級な品とされています。このように芭蕉布は沖縄で生成できる芭蕉を使用している伝統の染織と言えます。

Copyright (C)2017沖縄の伝統文化について [facebookzn.com].All rights reserved.